JTEC工場 QCサークル発表大会へ参加しました!

以前の記事でもご紹介させていただきましたが、当社ではQC(Quality Control)サークル活動を日々行っております。

*QCサークル活動とは

QCサークル活動とは主に製造業で良く取り入れられている手法で、小規模集団での改善活動のことです。
集団として自らが考え、学び、行動することによってPDCAサイクルを回し、社内の無限の可能性を引き出して更なる能力向上を目指すことで、
活力ある職場づくりのために有効的な手段だと考えております。

以前のQCサークル活動紹介記事

*JTEC工場での発表

2023年度上期に行われました第86回QCサークル発表大会で見事金賞に輝いた当事業部のトラスターサークルの代表者2名が、ベトナム ハノイ市にある当社海外拠点の
JTEC工場で行われるQCサークル発表大会へ参加することができました!

JTEC工場の紹介記事

【トラスターサークルの発表の様子】

新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延する前までは、このような海外拠点との交流の機会もございましたが、5類感染症へ移行したことを受けて当社としても4年ぶりに海外派遣を実施することができました。

我らがTECS事業部は建設部門ですので、QCサークル活動の本場である製造部門の規模の大きなJTEC工場で発表及び視聴ができたのはとても良い経験となりました。

*発表で苦労した点と感想

私たちのサークル以外は当然のことながら製造部門の方々で私たち建設部門のQCサークル活動の内容をイメージしていただけるかが不安でした。
日本人には日本語の資料でベトナム人にはベトナム語の資料が配布されたため、配布資料の方へ目を向ける方が多く、私自身は日本語で発表いたしましたので、ベトナム人の方々の反応や顔色をうかがいながら発表することができない部分が国内の発表大会と異なり苦労しました。

JTEC工場のQCサークル発表大会へ参加した感想としては、発表内容への質問や意見が活発で、時間の都合で打ち切らねばならないほどの個人の向上心に満ち溢れていました。

さらに、発表後は各部門の活動内容がどのように生かされているのかを実際に現場を見て回る時間もあり、発表のみではイメージできなかった部分も分かりやすく、他の製造工程の社員も良いところを吸収しようという熱意が私にも伝わって参りました。

【水平展開・現場視察の様子】

*発表大会後の親睦会

大会の後は国内からの派遣メンバーや現地の社員のメンバーの方との会食で親睦を深めることができました。

私は製造部門の事は専門外でしたので当事業部以外の方との親睦会は貴重なコミュニケーションの機会であると同時に他業種の勉強の機会でもあります。
また、私個人としては本場のベトナム料理を食べることも初めてで、とても有意義な時間を過ごすことができました。

当事業部では建設部門の業務を日々行っておりますが、当社全体では製造・卸売・製品開発など複数の事業を行っております。様々な業種で活躍する社員と社内でコミュニケーションがとることが可能ですので当社の強みであると感じています。

【懇親会での集合写真】

*JTEC及びVTECの工場見学

その他にも、今回の海外派遣では工場内の見学もすることできました。
発表会場のJTEC工場と同じベトナムのVTEC工場も一緒に見学することができ、どちらも国内拠点の小松工場よりも規模が大きく、合わせて1000名を超える海外の従業員の方々に圧倒されました。同時に当社の事業規模の大きさもあらためて感じることができました。

【JTEC工場の様子】

【VTEC工場の様子】

*まとめ

入社後、初めてのベトナム工場への訪問で、当社の製造部門の勉強になりました。
当事業部のお客様の中に製造業の方もいらっしゃいますので、日々の業務へ生かしていきたいと思いました。

最後になりましたが、当社ではQCサークル活動を通して業務改善活動を実践し、社内の業務や管理方法を見直すことを継続的に行っております。

今後もお客様のニーズに適合し、信頼と満足の得られる品質を提供できるように努めて参りたいと思います。

お問合せは・・・東亜電機工業株式会社