現場で安全に使用出来る折り畳みストッパー付き台車

今回は、作業でよく使う作業用台車について説明致します。

作業用台車と言っても、いろいろありますが、
私たちの業務でよく使用している台車としては、折り畳み式の台車を使用しています。

以前は、下記の写真の台車を使用しておりましたが、
下記の台車ですと止めておく場合に、車輪に輪止めなどをしないと台車が動き出し、
建物や周囲の機器などに接触し、台車に乗せている機材(商品)や
既設機器を損傷させる危険がありました。

上記の台車では、積み荷や積み下ろしの際は、車輪にストッパーを取り付けるか、
もう一名に台車を抑えて貰わなければなりませんでした。

現在は、下記の写真の台車を使用しており、
台車にストッパーが付いており、輪止めをしなくても安全に停車出来ます。

ストッパー付き台車では、「FREE」と「LOCK」を押すことで、
車輪がロックし一人でも簡単に台車をロック出来ます。

また、ストッパー付きの台車を2種類を用途別に使用し、
バッテリーなど重量の重いものを運搬する台車と、
機材などの比較的軽いものを運搬する小型の台車を使用しております。
(青色:耐荷重300kg,黒色:耐荷重:100kg)

バッテリー等運搬時使用する台車 
測定機等の機材を運搬する台車(小型)

台車にて荷物を運ぶ際に、荷物を固縛して運搬致しますが、
固縛用のバンドは、荷締めバンドを使用しております。

荷締めバンドも、下記右側の緑色のバンドを使用しておりましたが、
下記左側の黒地に白ラインが入っているバンドは、
荷締め時にバンドが捻れていると分かりやすいため、
現在は、黒地に白ラインのバンドをよく使用しております。

正常時固縛されている状態 

固縛時にバンドが捻れている状態

弊社では、台車などの簡単なことからも、
より安全な機材を使用し、安全作業に努めるよう、日々改善を行っております。

電源設備、非常用発電機等の施工・保守は弊社まで、ご連絡をお待ちしております。