コンパクト高欄照明を試験点灯してみました

高欄や歩道橋などの照明灯は、一般的にはポールを建てて照明器具を設置していますが、
古くなった照明灯の取替時にポールを建てるスペースがないなど、
設置が難しい場合があります。

そのような時に「コンパクト高欄照明」はいかがでしょうか。

正面から

斜めから。

コンパクトで丸みを帯びた可愛らしい?フォルムです。
(株)因幡電機製作所の製品で、発光部を従来の角型から
円筒形状にすることで道路に飛び出すことなく設置できます。

デモ機を発電機で試験点灯してみました。

この歩道に設置すると・・・

足元が明るくなってはっきりと見えるようになりました。
これなら安全に歩けそうです。

車道ではどうでしょうか。設置すると・・・

遠くまで光が届いています。

高さ制限があってポールを建てられなかったり、
アンカーボルトの腐食で建て替えが難しかったり、
道路周辺の環境を重視するような場所にいかがでしょうか。

両側を照らすことができる両側照射タイプや
2台連結する複線照射タイプもございます。

高欄照明や道路照明のご相談は、東亜電機工業までお問い合わせください。