都市計画道路 鳴和三日市線 中島大橋が完成しました 

2020年12月にご紹介しました中島大橋ですが、
仮設橋も撤去され周辺整備も終わったので散策してみました。

66年ぶりに架け替えられた中島大橋周辺は船揚場で栄えた地域でして、
ゆっくり歩くと新たな発見がありました。

橋の横に佇んでいる石碑によれば、旧淵上町は浅野川の淵の上にできた街で、
藩政のころは堀川川除町・堀川淵上町とよばれていましたが、
明治の初めにこの名に改められたそうです。

また、大衆文芸作家の長谷川伸著ゆかりの地でもあります。

中島大橋が架かる浅野川のもう少し上流では、
5月に鯉のぼりを川に流す「鯉流し」が行われます。

この日は鳥が水浴びを楽しんでいました。

このような歴史ある街に(株)因幡電機製作所の照明灯を納入しました。

高欄照明は、照明器具を設置する場所が決まっていて開口も狭いので、
設置方法や照度確保のための設計が大変でしたが、
橋入口の菅笠をイメージした照明灯と組み合わせることで
街並みに合ったものになりました。

道路・高欄照明:(株)因幡電機製作所

中島大橋から見る夜の景色も情緒豊かです。
金沢駅から約600メートルと近いので立ち寄ってみてはいかがでしょうか。