熱中症対策に空調服を導入し、暑い夏でも安全第一!

今年は観測史上最速の梅雨明けとなりいつもに増して暑い夏が長くなりそうですね。

最近では、気温や天候だけでなく「暑さ指数(WBGT)」で
熱中症になりやすい環境であることを表して警戒を呼び掛けています。

今回は、私たち電源装置の施工・保守チームでの熱中症対策について一部ですが紹介します。

みなさんは日々の作業でどのような対策をされていますか?

私たちのチームでは、適度な休憩や水分補給はもちろんの事、
現場に業務用扇風機を設置したり、クーラーボックスを活用したりしています。

その中でも、近年では「空調服」を利用する場面が増えました。

「空調服」とは、バッテリーで動く小型ファンを内蔵した作業着です。
腰あたりにある小型ファンで空気を循環させています。
それで本当に涼しくなるの?と、はじめは半信半疑でした。

いざ使ってみると、止めるのが嫌になるぐらい自分の体温が下がっているのを実感できます。
写真は長袖タイプのものです。脇や腕も空気が循環し涼しく感じます。

上記の空調服は、ベストタイプの物で狭い場所などでの作業性も良くなっています。

写真で紹介したもの以外では、ズボンタイプやレインウエア、
フルハーネスで使用できるタイプといった数多くのタイプが空調服として販売されています。

新築の建築現場や屋外など、エアコンや強制換気等の空調設備を使用できない場合や
直射日光を避けられない場面が多々あります。そういった際の熱中症対策で空調服は大活躍です!

私たちの業務では、充電部がある作業は集中力を必要とします。
昨今の真夏日や猛暑日といった集中力が散漫しやすい日には、
空調服や扇風機を適宜使用し安全作業を心がけています。

弊社では、熱中症対策はもちろんのこと危険要因を先取りし安全第一で日々作業を行い、
お客様の大切な機器をベストな状態でご使用いただけるよう作業を行っています。

電源装置、蓄電池、非常用発電機の電気設備の整備・点検・工事は
弊社まで、ご連絡をお待ちしております。