一次電池と二次電池の違いについて

電池には一次電池と二次電池があることは、ご存知でしょうか?

電池にも色々な種類があり、日常で一番目にする機会が多いタイプの電池は、
目覚まし時計や懐中電灯、リモコンなどによく使用されている、
乾電池(アルカリ電池、マンガン電池など)ではないでしょか?

時計が動かなくなった、懐中電灯が点灯しなくなったなど、
1度の使用で完全放電し使い切ったら捨ててしまう、
そのような電池を<一次電池>と呼びます。(充電不可の電池)

上記に対し、完全放電(使い切り) ⇔ 充電をして繰り返し使用できる電池のことを
<二次電池>と呼びます。
主にスマートフォン、ノートパソコン、モバイルバッテリーなどに使用されています。

電池の種類としては鉛蓄電池(産業用)、ニッケル水素電池、
ニッケル・カドミウム電池、リチウムイオン電池などの電池があります。

特にリチウムイオン電池は家庭用の電化製品(スマートフォンなど)から、
産業用では電気自動車、飛行機や宇宙ステーションでも使用されており、幅広く活躍しています。

まとめると<一次電池>は充電できない電池、<二次電池>は充電可能な電池と考えると覚えやすいと思います。

ここで簡単に<一次電池>と<二次電池>のメリット・デメリットについて説明します。

<一次電池>

メリット :安価。入手が容易。

デメリット:使い切り。電池により液漏れする場合がある。

TANOSEE製:アルカリ乾電池

<二次電池>

メリット :小形・軽量化可能(リチウムイオン電池)。リサイクル可能。

デメリット:高価。温度変化に弱い。定期的な充電が必要。

【家庭用】

ジーエス・サフト㈱ ニカド電池 カタログ抜粋

【産業用】

㈱GSユアサ 制御弁式据置鉛蓄電池 総合カタログ 抜粋

昨今、省エネルギー化やリサイクル化が進み、使い捨ての<一次電池>は不要ではないか?

すべて<二次電池>に交換したらいいのでは?と思いますが
<一次電池>がなくなれば、生活の一部で、困ることになる場合があります。

例えば、懐中電灯を今すぐ使いたいが<二次電池>を使用しており、
定期的な充電を怠っていたため、電池が自己放電し点灯しなかった。

この場合<一次電池>は入手が容易で、安価であるため、懐中電灯に組込めば、すぐ使用できます。

そのため電池を使用する製品の頻度などを考慮すると、すべて<二次電池>でいいとは一概に言えません。

家庭用の<二次電池>で考えると、日常的によく使うものは可能な限り<二次電池>を使用する、
という意識を持つ位がいいのではないでしょうか。

今後電池の開発が進み、新型電池の登場によって、私たちの生活がどう変わっていくのか、楽しみですね。

弊社では、二次電池の中でも主に蓄電池設備(直流電源装置)に使用される、
産業用鉛蓄電池をメインに取り扱っていますので、
電池に関する質問や見積など、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております!