電源設備工事には絶縁工具が必須です!

今回は、私たちが日々の作業で使用している工具の一部を紹介します。

私たちは盤内の電気作業や蓄電池を組む際、限られたスペースで作業します。その際、感電や短絡といった重大災害へのリスクを減らしてくれるのが「絶縁工具」です。

では一般的な工具となにが違うのか、
それは「絶縁性能」です。

一例ですが、これは多面的に使用されている工具です。

この工具自体には絶縁性能はありません。そのため、蓄電池を組むなどの私たちが行う電気作業の場面で、感電や短絡といった重大災害を起こすリスクが増えます。

そのようなリスクを減らすため、私たちは「絶縁工具」と呼ばれる、耐電圧試験を受け一定の絶縁性能が認められた工具を使用し電気作業をしています。

その工具の一例がこちらです。

先ほどの工具との違いは2点あります。

・「硝子繊維入りフッ素樹脂二重超薄膜コーティング」と呼ばれる0.5mm厚の特殊な絶縁処置が施されている

・1000V耐電圧試験に合格している

上記2点の違いで絶縁性能が保たれています。ですが、傷や摩耗等で絶縁性能が保証されないため、作業前の点検や整備も欠かせません。

工具の種類により材質等は違いますが、絶縁された工具を使用することで、狭い場所での電気作業であっても、感電や短絡といった重大災害へのリスクを減らすことができます。

私たちは今回紹介したような、さまざまな工具を駆使し、安全に作業を行います。

電源装置や蓄電池等の電気作業は弊社まで、ご連絡をお待ちしております。