制御弁式据置鉛蓄電池~更新~

制御弁式据置鉛蓄電池~点検~」で紹介した症状になった場合は、
大変危険な状態です。

停電時に負荷のバックアップが出来ない状態に陥ることが考えられますので、
蓄電池設備の更新を計画して頂き、取替して頂く必要があります。

~蓄電池の交換方法~

★仮設の蓄電池を設置し機器及び設備を停止せずに交換する方法

★機器や設備を停止し蓄電池を更新する方法

弊社では、この2つの方法をご提案させて頂いています。

蓄電池取替作業では、新蓄電池の容量計算や組込作業、
取替後の性能確認といった専門的な作業が多々あります。

負荷に似合った容量で無い場合、電源をバックアップできません。
蓄電池の組込作業中に短絡させると、製品故障させたり火災の危険があります。

弊社には、多くの取替実績があります!
豊富な経験や知識を活かし、安全に取替させて頂きます。

蓄電池が取替時期に入ったけど、取替方法がわからない。

新しく蓄電池設備を増やしたいけど、蓄電池の選定方法がわからない。

そんな時は東亜電機工業(株)に一度ご相談ください。
お客様のニーズに合わせて安全に作業させて頂きます!