非常用電源設備の蓄電池交換

ライフラインの監視・制御している施設は、
停電で機能停止してしまうと大変であるため、点検業務は重要な仕事です。

蓄電池設備は、長年使用すれば各機能の劣化が進行し、ついには機能が果たせなくなり、環境や使用条件の変化で思わぬ事故に結びつく可能性があります。
蓄電池設備に使用されている部品の劣化は外観上では判らないものがほとんどで見掛け上では正常に運転しているように見えます。

耐用年数を過ぎたまま使用していると故障率が高くなっており、いざというときに稼働しないことがあります。
安心して蓄電池設備をご使用頂くためには、定期的な点検・整備の実施が必要となります。

メーカーと直結している当社の専門スタッフが、災害リスクを最小限になるよう日々点検と工事に努めています。

点検及び工事は、東亜電機工業株式会社までご相談下さい。