停電時にデータを守るUPSの点検・更新の必要性

突然の雷や台風・大雨などの天災により、
突然コンピュータの電源が切れてしまった。
作業中のデータ、大切なデータがすべて消えてしまった。

そんなときは、UPSが活躍します!

※UPSとは無停電電源装置(Uninterruptible Power Supply)の略称です。
(UPSにはバッテリーが搭載されており、商用電源の代わりに停電時バッテリーから電力を負荷設備へ供給する装置です。負荷設備の消費電力の大きさや、用途、バックアップ時間によって、機種も様々です。)

UPSがあれば停電時に電力をコンピュータなどの負荷設備へ決められた時間、
送り続けることが可能です。

そのため、負荷設備が切れる前に、安全に装置の停止が可能になり、
機器や大切なデータを守ることができます!

UPSは普段、静かに充電を行っており忘れられがちです。

事務所や通信室などに耐用年数を過ぎたUPS、
故障してしまったUPSはないでしょうか?

定期的な点検を実施していないと、
いざという時に、蓄電池やUPSの正常な動作ができず、
大切なデータを守れない可能性があります。

豊富な知識を持った社員が、UPSの点検及び最適なUPSを提案いたします。

ご連絡をお待ちしております!

https://ps.gs-yuasa.com/products/ups/